FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

RAIL CAFE 中村屋珈琲店
北信州木島平村でCAFE併設のゲストハウスを運営中。 香り高いネルドリップでどうぞ
ワタシは録音テツ!
4月以降、鉄道サウンド録音にハマッたワタシ。

自分で録音するだけなく、お宝サウンドを求めてネットサーフィンするのもまた楽しいものです。

見つけてしまいました。ワタシ好みの音を。。。

昭和50年代の古いものが多いのですが、マスターテープが高価な録音機材で収録されたもののようで、非常にハイクオリティな出来です。

鉄道サウンド
スポンサーサイト
カメラカーが走るとモーター車がギクシャク!?!?何故でしょ?
カメラを搭載しているクハ455。モーター車単体で走行させるとそこそこスムーズに走るのに、なぜかカメラカーを連結して走らせると、やたらとギクシャクするんですね。

実際、ギクシャクするたびに電流計の針が激しく触れて、走行速度も一定しません。

集電の接点が汚れていると推察し、車輪の軸、集電板などあらゆる接点をアルコールで洗浄し、LOCOを塗布しましたが、結果は同じ。

悩める宿主に愛の手を~!!
録音しまくりの2DAYS
鉄道サウンドライブラリーの充実を目指すわがみゆき野鉄道。

ただいま気動車サウンドを集中的に収録しています。

青春18きっぷ通用期間もあとわずかとなった9月9日、10日と二日連続で米坂線、大糸線の「取材」に出かけました。

【第一日】
まず初日は当宿御馴染みのおかのさんがお供してくれました。集合場所は新潟駅米坂線車内。
アサイチの飯山線に乗り込み、いざ新潟へ。

新津からは急行きたぐにの快速区間に乗車。さすがに寝台車はガラガラですが、座席は結構乗客があります。
zDSC_7977.jpg

新潟からはキハ52+47の快速べにばな。これで手ノ子まで行きます。
zDSC_7981.jpg


窓傍、中間車運転助士区画、あらゆる場所で録音を試みます。車内のおおよそ7割が18きっぷの汽車旅愛好家です。(^~^) 新型車投入により旧型気動車は年内にも全廃の見通しなんだそうです。

手ノ子では線路脇で写真撮影を試みます。ワタシは標準ズームしかなかったので、あまり迫力のある姿で捕らえることができませんでした。
zDSC_8003.jpg
zDSC_8002.jpg


撮影後、駅前の食堂で昼食です。田舎の国道沿いですが、かなり流行っている模様。
zDSC_8007.jpg

定食のメニューも豊富でボリューム、味ともに◎。なんとごはんのお替りも自由。
zDSC_8008.jpg

参りました。

その後は越後金丸、米沢、坂町を経て、新潟から長岡まで新幹線で移動。十日町には22時に到着しました。
zDSC_8043.jpg

zDSC_8059.jpg



【第二日】
朝、急いで掃除を済ませ、高社山に登るお客さんを登山口までご案内し、9:20にバイクで自宅出発。新井駅を目指しました。

木島平から新井までは35km。飯山線+信越線を使って列車で行くよりもはるかに効率的なんです。

目指すは大糸線。 この日は国鉄標準色と青+白ツートンの二機での運行です。
zDSC_8092.jpg
根知駅にて

13:18発の糸魚川行きで根知、しばらく待ってそこから15:10発の糸魚川行きに。これで二車種制覇したことになります。

さらに途中北小谷駅で下車して古びた木造駅舎に佇みます。


そして16:26発糸魚川行きで山を下りました。

大糸線も前日の米坂線同様18きっぷ族らしき人でBOXは完全に埋まっていました。

録音の方はといいますと、混雑のためベストポジションが得られなかったことと、冷房中のために窓が全開にできず、大した収穫にはなりませんでした。

冷房の切れる10月に入ったらもう一度行こうかな。
zDSC_8094.jpg
北小谷駅にて


かなり浸透してきた感じです
うちのみゆき野鉄道も、ここ半年でかなり知れ渡ってきたようです。

それもそのはず、ユースホステル協会発行のホステリングガイドにも昨年から堂々と「鉄道模型の宿」
を謳うようになったからなんですネ。


ウチが誇ることのできる「オンリーワン」の一つとして、大切にしてゆきたいと思っています。


z07012602_1.jpg

3代目カメラカー登場! 通電性が大幅に向上しました
カメラ搭載の車両。

初代は10系客車、二代目は455系電車でありました。

しかし、455系の動力車が不調であったのと、カメラカーの各接点の通電があまり良くないのか、映像に乱れが出ることが多く、快適な走行映像がここしばらくは楽しめずにおりました。

そして今日、思い切ってそのカメラを3代目の車両に移植することを決意したのでした。

白羽の矢を立てたのは、なんとキハ82系。
少しもったいない気もしましたが、走行映像はやはりストレスなく楽しみたいものです。

先頭車両を分解して、電照部品を一切取り外しました。
xxDSC_8123.jpg


もちろん映像をとらえるための「のぞき穴」もドリルとやすりで加工。

幸いカメラのリード線は、ハンダづけしなくても集電板に十分絡めることができ、一安心。

そうして組みあがったのがこちら。
xxDSC_8134.jpg

四角い穴が目立ちますが、映像の安定性は過去2種の車両とは雲泥の差です。
その要因はサスペンション台車にあるようです。

良いですよ。マジで。

プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索