FC2ブログ
FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

鉄道模型の宿の珈琲マスターブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
プロの視点、一般人の視点
上等な風味のコーヒーを言葉で表すのに頻繁に使われる、いわばコーヒー業界の専門用語である

フローラルな
柑橘系のさわやかな
グレープフルーツのような
シトラスのような

最近やたらと目にすることが多いです。本当に頻繁に出てきます。
このような言葉を使う人は本当にそう感じているのでしょうか? 

なぜ上質な酸味を表現するのに柑橘類を例に挙げるのでしょうか?
正直理解に苦しみます。
ハワイコナも、エチオピアも、私個人的にはそのような風味を全く感じません。
温度を下げて抽出すると、酸味が若干強くなりますが、間違っても柑橘の風味なんて。。。。。

「酸味」という言葉も、素人とコーヒー業界の人の間には、意味の捉え方が若干違っています。
素人的に云うなら、ティピカ種に見られるコーヒーの上質な酸味とは、「コーヒー由来のさわやかな甘み」と言い換えられるような気がします。酸味と甘みはかなりの部分で重複しているともいえると感じています。

対極的に、ブラジルのブルボン種は「カカオのようなコクのある甘み」といえます。

しかし、ブラジル豆にカカオのような甘みを感じはしても、間違っても私は柑橘類の甘みなどコーヒーからは微塵も感じられません。やっぱり。。。。

正直、グレープフルーツのような酸味は、非常に植物的な苦味を伴うものです。シトラスにしても、かなり刺激的な酸味を伴う柑橘類です。
コーヒーにそんな刺激的な酸味があるでしょうか?酸化してしまった古いコーヒーを飲まされたなら、その表現もまた当たらずとも遠からずです。
しかし、新鮮な挽きたてのティピカ100%の高級豆をもってして「柑橘系の酸味が云々」と言い表すのは、やはり業界人の間だけにしてほしいものです。

コーヒーに限らず、業界用語というのは往々にして素人が理解に苦しむ場面を頻繁にもたらします。
たとえばスキー。

スキーの世界にどっぷり漬かったエキスパート指導者は頻繁に

スキーを動かす

という言葉を用います。が、素人的にはスキーはブーツに固定されているので、全く動きようがないと感じます。スキーは重力に伴って前に向かって滑るか、意図的に横への力を加えて、横ズラシをさせるか。どちらかでしかありません。

基本的に足元で完全に固定されたスキーは動かないのです。
もし動かせというのなら、どちらの方向へどういった力をかけて動かすのか、明確に説明しなくてはなりません。


あ。スキーにコーヒー。今年の冬は超多忙な予感です。(笑)

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索