fc2ブログ
FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

鉄道模型の宿の珈琲マスターブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
カシスのような、オレンジのような、パッションフルーツのような、ベリーのような、グレープのような、何でもかんでも果物に例えるのは如何なものかと??
2月にOPENした丸山珈琲長野店に行ってきました。

長野市青木島ショッピングモールの一階の一角に入店しています。

丸山珈琲といえばプレスで淹れるのが特徴であります。

プレスで淹れる珈琲はあらゆる香味がドバーッと抽出されるのが特徴。
それゆえか同店は浅煎り珈琲がラインナップの中心で、珈琲液は黒ではなく、茶色。



メニューに記載されている焙煎度合いは「中煎り」か「深煎り」のどちらかですが、私の感覚では中煎りはハイロースト(-)で、ほとんど苦味が表現されません。

それゆえにメニューには


カシスのような
グレープのような
オレンジのような
パッションフルーツのような
チェリーのような
ベリーのような

などと、香味の特徴を徹底的に果物に例えています。


コーヒー業界では香味の特徴を、酸味のない珈琲においては

ブラックチョコのような
ナッツのような
キャラメルのような

と表現するのが常ですが、浅い煎りのコーヒーでは上記のような果物に例えるのが常となっています。
しかしそうした表現を味の説明に使うのはそれぞれの焙煎店が独自の感覚で表現しているにすぎず、すべての店が同様の傾向にあるわけではありません。

しかし丸山珈琲さんは味の説明をことごとく果物に例えて表現しているさまは、ちょっと他には例を見ません。
ちょっとやりすぎなような気もします。

珈琲マニアの私でさえ、この日注文した「ケニア・カリミクイ」の香味解説には正直???

カシス、オレンジ、レーズンの風味。とろりとした舌触りと爽やかな後味。

酸味はありますが、そこまで複雑な香味ではありません。
残念ながらケニアらしい独特の香味はほどんど見出せませんでした。

その後店員さんが試飲にと新発売した「ルワンダ・キズマ」を持ってきてくれました。
店員さん曰く

パッションフルーツのような味がします

とのことでしたが、酸味は感じてもパッションフルーツのような味は感じません。

「酸味こそ珈琲の個性」というオーナーのポリシーが色濃く出た店だとは思うのですが、あとわずか深く焙煎をすることで、酸味以外の香味がより特徴的に表現されるような気もしますが如何でしょうか?
何よりも、丸山珈琲の中煎り珈琲は焙煎がかなり浅く、プレス以外の抽出方法で淹れると、酸味がさらに強調されてしまうのは好みの分かれるところかもしれません。

珈琲の能書きは個人の主観によるところも大きく、実際に飲んでみなくてはわかりません。
奥の深い世界ですワ。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索