FC2ブログ
FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

鉄道模型の宿の珈琲マスターブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
サウンドカード+秘蔵音源でリアルさをさらに追及しています
今春、KATOが満を持してリリースした抵抗制御電車(115系+117系)用のサウンドカード。
この製品が良いのは、これまで「サウンド同調」システムにより、模型の動きがコントローラに即反映されないところだったのを、完全にコントローラ同調タイプとして使えるところにあります。
そしてそのプログラムを一度記憶させることで、気動車用サウンドカードも同じように「コントローラ同調」式により制御が可能になりました。

SL、DMH17気動車のカードとあわせて、3種とももっぱら今はコントローラ同調モードで使用しています。

しかし使ってみると、気になるところがひとつあります。

線路面を綺麗にクリーニングしておかないと、力行状態であっても微妙な速度変化に合わせてモーター音が目まぐるしく変化してしまうことです。
現象的には、まるで雨や雪で車輪が空転しているときに発生するような音の変化です。 これはSLサウンドカードでも同じです。
ドラフト音のピッチが、不自然に早くなったり遅くなったりを繰り返します。

ところが気動車サウンドではそれがありません。その意味では気動車サウンドが一番自然な走行音が再現できるといえます。

なお、当鉄道ではみずから録音してきた「ジョイント音」とシンクロさせて鳴らすのが常となっています。

34444440_1064517730353213_6607637671126761472_n.jpg


これで昨秋以降、頻繁に通い収録してきた越後線の115系の走行音(ジョイント音)と組み合わせれば、鬼に金棒です



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
↑↑↑↑↑↑ 鉄道模型ブログランキングにエントリーしています。
お気に召しましたら、ぜひクリックをお願いしますネ!


車両持込歓迎!ひとり旅大歓迎!シングル利用もOK!
★★鉄道模型の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索