FC2ブログ
FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

鉄道模型の宿の珈琲マスターブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
カメラの話

一眼レフカメラといえば、一昔前ならちょっとマニアックな領域でした。
カメラショーなるものが開催されようものなら、そこには男、男、男。女性には無縁な世界観が広がっていました。

写真マニア=リバーサルフィルム=マニアな男の世界

という図式でした。

いっぽうで、「どんなに美しい光景を写真に収めたとしても結局見た目にはかなわない。」という常識のようなものが根深く定着していたようにも思われます。
あえて、「富士クロームベルビア」で撮影された風景写真ならば唯一見た目よりも美しく撮れると評されたこともありました。

しかし昨今は違います。スマホにカメラが搭載されて以降は、誰もが気軽に写真を撮る時代になり、デジタル技術が飛躍的に発展しました。
それによって、見た目に忠実に、そして時には見た目よりドラマチックに表現できることさえ難しくなくなりました。


10年ほど前のデジカメならば、「白トビ」、「黒潰れ」はある程度我慢が必要でしたが、今はHDR処理技術の向上でそうした我慢も必要がなくなりました。

私も長年カメラを趣味にしてきまして、30年以上前、ミノルタX500を愛用し、東海道本線の「梶原カーブ」に夜討ち朝駆け撮影に出かけました。
宿屋をはじめてからはコンパクトデジカメを遍歴、2006年ころからはデジタル一眼にも手を出しました。

しかし職業柄、作品作りのために撮影をするということはほとんどなく、ブログの素材や、宿のHPのネタにするために使用することが圧倒的多数をしめます。

やがて一眼レフの使用頻度が低下し、ついに先日、2年ほど使用したNikonD3300を処分(ヤフオク行き)を決断、それに代わって手に入れたのが、これ。

CASIO EXILIM ZR4000




デジカメ撤退が報じられてしばらく経過しますが、実はカシオの絵作りはなかなか秀でています。
センサーはSONY製らしいのですが、映像処理技術はぴか一です。

なかでもHDR処理テクノロジーは私好みでして、思った通りの仕上がりになります。

そんな中にあって、この製品の凄いのは広角側が35mm換算で19mmという桁違いの広角域。
自撮りカメラとしてメーカーは売りに出していますが、私たち宿屋にとってはHDR機能を超広角で使えるというのはのどから手が出るほどに欲しかった機能といえます。

コンデジは望遠側はいくらでも強いのですが、センサーの小ささから、なかなか思ったような超広角レンズ搭載が出来ず、各メーカともに相当苦労したのではないかと察せられます。
そこは常にセンセーショナルな機能を発表しつづけてきたCASIOの開発陣、流石といった感じです。

暫くはコイツを使い倒そうと思います。




珈琲グルメランキング

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
↑↑↑↑↑↑ 鉄道模型&グルメブログランキングにエントリーしています。
お気に召しましたら、ぜひクリックをお願いしますネ!


車両持込歓迎!ひとり旅大歓迎!シングル利用もOK!
★★鉄道模型の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索