FC2ブログ
FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

鉄道模型の宿の珈琲マスターブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
節度を持って遊びましょう
連日、鉄道模型遊びのちびっこで賑わう当宿。

CIMG0444.jpg

早く見たいと、とてつもなく早い時間においでになる方がいらっしゃいますが、残念ながら16時以前のご到着には対応していません。

寝室は狭く、決してホテルのような広々空間ではありません。
暑い真夏でもありますし、あまり早くに到着しても、あまり気持ちよくありません。正直なところ。


なんせウチは小さな家。


ホステル 


を勘違いして


ホテル


と思い込んでお越しになる方もまれにいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。


小さな家ですので、部屋のドアは遮音性のない普通の木のドア。

木造建築ですから、廊下を走ればドコドコドン。


きわめて狭い空間に、最大の場合で4家族が集う構造になっています。


小さなお子様はついつい保育園のノリで元気よく駆け回りたくなる気持ちもわかりますが、大型ホテルではない民家の一角。
周囲のゲストへの配慮もどうぞおわすれなく。特に保護者の方はしっかりと見守ってあげてほしいと思います


鉄道模型は極めて繊細なつくりをしています。

ついつい指さして触りたくなる気持ちもわかりますが、それはNG.
力を加えるのは指ではなく、目だけにしておきましょう。目力ならば、どんなに凝視しても模型が壊れることはありません。

少し目を離すと、フィギュアが倒れていたり、機関車が脱線したりしています。

動いていない機関車が脱線するなどと言うことは通常あり得ないことなので、近くにお子さんがいらっしゃれば


触ったでしょ?
いかんよ。


と注意します。

でも大抵


触ってないよ


と切り返されます。

大人を欺くことはできないんですがネ(^^)



そんなワケで、毎年夏シーズン後にはあちこちが破壊されているのに気づきます。
ある程度は仕方のないことと割り切っていますが、鉄道模型はプラレールではありません。

小さいお子さんがお持ちの電車や電気機関車のパンタグラフは大抵破壊されていることが多く、いかに扱いが雑であるかは容易に察しがつくというものです(^^)

製品の箱には

対象年齢8歳以上


などと書かれていたりしますが、気動車ならまだしも、電気機関車を正しく扱うには8歳では厳しいものがあります。

ましてやテンダー付き蒸気機関車なら中学生以上でなければまともに扱えないでしょう。

鉄道模型ファンを増やすという意味では幼年期から慣れ親しむことはとてもいいことだとは思うのですが、やはり親御さんのしっかりと目くばりと気配りが不可欠なのです。

夏の繁忙期に入り、そんなことをふと思うのでした。

★鉄道模型ブログランキング参戦中★
気になる只今の順位は?
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ 

こちらも応援よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓

珈琲グルメランキング

車両持込歓迎!ひとり旅大歓迎!シングル利用もOK!
★★鉄道模型の宿・高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE


別館ログハウス楽天トラベルにてご予約受付中
SSC_0061sedr2a2.jpg


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
「つ」が付くうちは躾が大事。
はじめまして。初めて書き込みさせていただきます。
つい気になって、勝手に書いてしまうことをお許しください。
私も一面では3児の父親という顔がございますが、親や諸先輩方に「つ」が付くうちは目を離さず躾をしっかりしなさいと言われ実践もしております。
生まれてから、ひとつ、ふたつ・・・やっつ、ここのつ、とお・・と歳を数えることがありますが、「つ」が付いているうちは大事らしいです。
よその方と肩を寄せて空間に居ればどう過ごす?自分のものと他人(ひと)のものはどう違う?・・・当たり前の話なんですが、これが教えてやらないと「つ」が付くうちはわからないわけです。一言でわからなかったら、わかるまで何度でも言う、教える、叱るのが親の仕事です。
それをしない親がたくさん居るから、「つ」がとれてもできないで、まんま大人になっているのが親やってるから気がつくこともできないってのも少なくありません。
マスター様のご心境お察しします。全てがそういう連中ばかりとは言いませんが、ご理解のある方々が多く訪れる場所になってくれることをお祈り致します。駄文長文失礼致しました。
【2018/08/13 15:58】 URL | SEKKI@東京喜多鉄道管理局 #z8Ev11P6 [ 編集]

Re: 「つ」が付くうちは躾が大事。
コメントありがとうございます。
宿屋をやっていると、本当に親のしつけの違いが如実に表れて目に見えるのがまた興味深い所でもあり、同じ親として身の引き締まる思いが時々あります。
最近は何でも自由に、放任することが良いみたいな風潮が無きにしも非ずでして、それには非常に違和感を覚えるところでです。
公共の場所でのレイアウト開放ですので、ある程度めをつぶって割り切っていますが、せっかく作った細部のディテールがバキバキ壊されていくのは、辛いものがありますネ。やっぱり。
【2018/08/14 11:09】 URL | なかむら@みゆき野 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索