FC2ブログ
FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

鉄道模型の宿の珈琲マスターブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
コフィアのマスターを独り占め

毎年晩夏恒例の日本海沿岸北上の旅に出ました。

第一の目的はコフィア。

12時過ぎに着いたので、珈琲店としては閑散期です。

いつものようにブラジルを注文すると、なんと品切れとの由。

お盆以降、お客が引ききらず、焙煎する時間もなく焙煎豆が底をついてしまったそうです。

代わりにタンザニアを注文。

思わず唸る、何処の珈琲にも似ていない、別次元の味。

缶コーヒが珈琲とは似ても似つかないのと同じく、もはや単なるドリップ珈琲ではなく、「コフィアの珈琲」という飲み物であります。

濃度は勿論、艶やかかつ輪郭のハッキリした味わいは唯一無二。

この日初めて尋ねてみました。

一杯出すのに何グラムつかうのですか?

110cc の仕上がりに対し10グラム強です。

思わず言葉を失いました。10グラム強がどの程度を意味するのか、突っ込みたくなりましたが、おそらく企業秘密と判断し、あえて尋ねることは控えました。

しかし、一般的常識を当てはめるならば、10グラム強とは11~12グラム。多くても14グラムがいいところです。

130cc 程のコーヒカップ一杯に対し20グラム使うネルドリップカフェを二軒ほど体験したことがありますが、ウチの珈琲より濃い店はありませんでした。

なのに。。。。

珈琲の味は生豆で決まる

などと言う珈琲屋は多いですが、そうした輩には是非コフィアの珈琲を飲んで頂きたいものです。

スペシャルティー珈琲でもない、タンザニア モンデュールエステートが、卓越した焙煎と抽出で、こんなにも劇的昇華を遂げるのですから。

マスターの淹れるタンザニアを目指して、焙煎豆を200グラム、ネルフィルターをワンセット買い求めて店を後にしました。

今回は約30分間、お客が他におらず、シッカリと珈琲談義してきました。詳細はまたおいおい。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索