FC2カウンター


グルメランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

珈琲と鉄道模型のブログ
北信州木島平村で鉄道模型のあるホステルを運営中。こだわりのネルドリップ珈琲をどうぞ
グリーンマックスのコアレスモータユニットの実力
先週来、サうンド同期型カードによる運転を行った場合、サウンドボックスから繰り出される音と、実際のスケールスピードが合わない点がどうにかならないものかと思案してきました。
多くの鉄道模型ファンの皆さんも同じ悩みを抱えていて、もはや打つ手なしとの様相です。

しかしサウンド同調型の摩訶不思議な挙動の中にあっても、コアレスモータ搭載車であるkatoの最新slを動かせばコントローラ操作に対してリニアに反応することが確認できたわけです。

つまりサンド同調形カードは、SL同様、超低電圧でサウンドが起動する仕組みになっているのです。
SLであれば、その超低電圧によりサウンドとモータが同時に作動し、動きと音が完全に一致するのですが、従来の4極(?)モータ一搭載のー般車両の場合、モータ起動電圧が高いために、音だけが先行してしまうという不具合が起こってしまうのです。

ならばと先日予告しました通り、グリーンマックス社のコアレスモータユニットを買ってきてキハ82に換装すべく作業を着手しました。





20m型とはいえ、キハ82には若干長さが短く、取り合いに苦労をしました。
もちろん動力ユニットとボデーがキッチリとハマるわけでもないので、あちこちをカットしたり、両面テープで固定したりと加工を重ねました。






床下キットは103系用のDT 21。


また、連結器は動力ユニットの標準仕様であるアーノルドカプラーをそのまま生かし、受け手側のキハ82付随車のボディーマウント連結器を撤去したうえで、首振り台車(台車形式実物と不一致)を取り付け対応しました。


その結果

大成功!!!


ノッチオンからエンジン回転数が上がるのに呼応するように車両はゆっくりと前進を開始、スケールスピード約60KM/H

程度で、変→直への変速が実現できました。


サウンドボックスの音と動きのギャップに悩む方は、一度グリーンマックスのコアレスユニットの組み込みをご検討されてみてはいかがでしょうか?

どの程度の挙動変化があるのか、実際の動画は近日中にユーチューブにアップしてみたいと思います。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
↑↑↑↑↑↑ 鉄道模型ブログランキングにエントリーしています。
⇒鉄道模型のあるゲストハウス
高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




トミックスの高架下公園セットを利用して
注文していたトミックスの高架下公園セットが届きまして、早速この場所をリノベーション着手。


茶色い単調なレイアウトボードの表面をカラーパウダーで調整。

鉄棒、掲示板の台座を切り離し、瞬間接着剤で固定。

ちょっと窮屈ですが、なんとなく雰囲気は出ているのではと。




ドラえもんの劇中出てく児童公園に見られる「土管」があれば言うことナシですが(^_^)v

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
↑↑↑↑↑↑ 鉄道模型ブログランキングにエントリーしています。
⇒鉄道模型のあるゲストハウス
高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE



9月30日からのコーヒーlist
すっかり秋模様の木島平です。

さて、9月30日からの新豆リストです。

エチオピア イルガチャフ ナチュラル 中深煎り
インドネシア LCFマンデリン 深煎り
ブラジル サントスアララ 中深煎り
スモーキーフレンチ 極深煎り
コロンビア ナリーニョ 中深煎


マンデリンは、ニュークロップから既に4ヵ月経過し、ようやく私好みのベルベットのような、かつマンゴーのような風味が前面に出てきていると思われます。

旨いマンデリンを飲むなら、やはり秋以降が適期と云えますね。

ご期待下さい。


サウンド同調型カードの最大の欠点は作動電圧か?
ここ数日、サウンドカードの「キハ58」版で思い悩んでおります。

これは根本的に設計ミスと言わざるを得ません。
多くのユーザーが、SLを走らせるのには何の不満もないのに、サンド同調形カードに差し替えた途端、いうことを聞かなくなります。


サウンドボックスは、おそらく、コアレスモータを搭載した超低電圧で作動するKATO製最新SLによってその真価を発揮するものです。

その証拠映像を収録してみましたので比較してみます。

手元にあるキハ82をキハ58カードで運転してみました。


録画スタート後、速やかにノッチオンしていますが、一向に動き出す気配がありません。
動き出したと思ったら、一気に加速、変→直の進段時にはすでに新幹線並みの速度にまで達しています。

つまり、サウンドの繰り出されるタイミングが、スケールスピードに合っていないのです。
作動電圧が低すぎるために、従来型のモーターユニットでは、きわめて反応が鈍く、動き出した時にはすでに音だけが先行してしまっているという症状に陥ってしまいます。

では、同じキハ58カードでC59を運転するとどうなるか?
実はこれがまた完ぺきなまでに素晴らしいのです。


せっかくのキハ82は、やはりリアルさに欠けてしまいます。
音と動きがシンクロした状態で楽しむにはやはり

コアレスモータ搭載車が必要です


ということで、GMのコアレスモータ動力を注文しました。(^^)
うまく換装できればいいのですが。。。


ちなみに上記二つの動画は、コンデンサーマイクを別装したビデオカメラで収録しました。サウンドボックスの音と、自前収録のジョイント音(弥彦線クハ115)をミキサーで出力し、合計7スピーカーでならしたものです。

是非イヤホンでお聞きください。

C59+SLサウンドカード


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
↑↑↑↑↑↑ 鉄道模型ブログランキングにエントリーしています。
⇒鉄道模型のあるゲストハウス
高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE




サウンドボックスの「サウンド同調型」について
キハ58のサウンドカードの反応が鈍すぎる件に悩む人はどうやら私だけではなかったようです。

起動電圧を最大にしても、加速率を最大にしても、パワーユニット、サウンドボックス双方のあらゆるスイッチ類を最大にセットしたとしても、スイッチオンから起動までの異常なまでのタイムラグがなかなか縮まりません。

起動電圧の低い新型製品を走らせれば一定の変化は見られますが、SLサウンドカードのようにマスコンの動きに対して即時反応はしてくれません。
ところが、コアレスモータを搭載するC59をキハ58サウンド同調させると、これが実に自然な動きをするのですから皮肉なものです。

とにかく「サウンド同調型」カードが厄介者扱いされていることが明らかになりました。

そんな折、とあるブログで8月の鉄道模型ショーにおいて、KATOが、そしてサウンドボックスのアップデートとして

「ボタン2つ同時押しで、サウンド同調とコントローラ同調を相互に切り替える機能の追加」

を発表した模様。

サウンドボックスのアップデートは、今後発売されるサウンドカードを使用するだけで、本体側にその機能が追加され、さらにはその機能追加によって、これまでのカードでもコントローラ同調機能が使えるようになるとのことです。

サウンド同調型カードの製品化については若干見切り発車の感はぬぐえません。
一刻も早いアップデート機能付加を求めたいものです。

思い通りにならないぎくしゃくした運転の不愉快なことと言ったらありません。
普段の生活にさえ悪影響を及ぼす可能性のある、実に由々しき事態なのです。(笑)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
↑↑↑↑↑↑ 鉄道模型ブログランキングにエントリーしています。
⇒鉄道模型のあるゲストハウス
高社山麓みゆきの杜ユースホステルOFFICIAL SITE






プロフィール

北信州の木島平村にあるRAIL CAFE 「みゆきの杜」は、北信州を舞台にしたの昭和レトロな風景が展開する常設Nゲージ鉄道模型レイアウトを常設。いつか見た遠い日の懐かしの光景に逢いに来ませんか



RAIL CAFEのご案内


箱庭鉄道の世界

L レイアウト紹介

【珈琲で巡る世界一周旅行】 ★コロンビア
★ブラジル
★インドネシア
★ケニア
★パナマ
★イエメン
★エチオピア
など、世界各国の特選珈琲を常時7-8種取り揃えています。
↑ ↑ ↑
最新のメニューは上をクリック

リンク

【自家焙煎店リンク】


このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索